Fool Pool

ハマった記

『Node.js+Socket.IOでつくるリアルタイムWEBアプリケーション入門』 勉強会レジュメ

(株式会社ニューロマジックさん主催で 2014年3月19日に築地のオフィスで開催していただいた勉強会 http://atnd.org/events/48579 の内容をもとに、私がまとめたものです。)

Node.js の特徴

webSocket

  • Push型リクエストのしくみをWebブラウザのみで実現可能(要WebSocket対応)

socket.IO

  • Node.js と相性が良い
  • 対応OS: Android 4.4+, IE10+

Express

  • Node.js 開発で現在主流のフレームワーク (将来的には Core に交代するかも。少なくとも1~2年は Express が主流)

Node.js + Socket.IO 導入時のリスク

  • Node.js: 正式版がまだリリースされていない → 不安定
  • Node.js: 正式版では一部の仕様が変更になる → リファクタリングのリスク
  • Socket.IO: WebSocketは、Android 4.3以下、IE 9, 10 対応が課題

まとめ -- Node.js の導入について

メリット

  • javascript なので手軽にかける(フロントで javascript 開発をしているチームが導入しやすい)

    デメリット

  • 正式版リリースがまだない
  • 正式版リリースで仕様変更になる可能性

アプリの一部として今後も使われることはあるだろうが、Webサーバ全体として現在主流のものを代替するものになるかは微妙(正式版がリリースされないことにはなんともいえない)。現在のところ、Node.js の利用は、1) 実験的なプロジェクト、2) リアルタイム処理が使いたい場合に限られるだろう。